イベントが立て続けにあったためかなり時間が開いてしまいましたが、新緑の魔道杯の報告と、各級のデッキの紹介をさせていただきます。

まず、今回の報酬ですが…正直あまり食指が動きませんでした。笑
絵は綺麗なのに、アメリアほど惹きつけられる性能のものはなかったためです。しかし、ムエナの種族特効は今後大きな活躍を見せる場が用意される可能性も高いため、ある別の目標をモチベーションに今回も頑張りました。


1日目(4/25)
今回は五段スタートでした。
試走もして、準備万端!飛ばしていくぞー。

五段で私が使用したデッキは、こちら。
覚醒状況は、アメリア(片方のみ)4覚醒、ユアンとクァンがそれぞれ1覚醒です。
ただし、クァンは半端に落ちた分を覚醒させてHPアップしただけなので、トーナメントには何ら関係ございません。笑

これで7T安定でした。アメリアの5T変換(ファストスキルあり)のおかげで、パネル空踏みを一度してもボス戦が2Tになり、合計7Tです。

前回の魔道杯 覚醒で60個ものクリスタルを犠牲にした甲斐があったというものです!笑

パネル事故もありましたが、勝率は今回戦った段位の中で高かったように思います。

そして初日の結果です!
最後の結果がこれだったので、ラグは少なめですが…
いかんせんボーダーが高い!!!
過去最高のボーダーを見て、五段まで上がっておいてよかったと心から思いました…カードのインフレ恐ろしい。
消費クリスタルは8個でした。


2日目(4/26)
この日の深夜に、六段に昇格しました。

あまり参考にすべきではない六段デッキがこちら。笑
覚醒状況は、イーリンのみフル覚醒。

なぜ参考にすべきではないのかと言うと…これは六段で戦うためではなく、六段を抜けるためのデッキだからです。
このデッキと同じ最速11Tでは、少しの事故で壊滅的な順位になってしまうこともしばしばです。入賞できることもありましたが、タイム争いでだめなことも多かったためあまりポイント効率は良くありませんでした。
六段で戦っていきたい場合は、タイム争いを制する必要性の薄い最速10Tを目指しましょう。

そして、この日の終盤、ついに…
前述の今回の目標にしてきた七段に到達しました!!
なぜ私がここまで七段に執着していたのかというと、クリスタルを30個ほど(枠の拡張含めて)使ってまで七段用デッキの育成を魔道杯に間に合わせたからです。
今思い出しても、本当に大変な一週間でした…

そんなこの日の結果がこちら。
ボーダーギリギリだったので急いで稼いだら、七段ゆえにすぐに1000ptほど上昇してこの順位。笑
高段位のポイント効率の良さを改めて実感しました。
初日と同じく、消費クリスタルは8個。


3日目(4/27)
ついに七段を主戦場として臨んだこの日。前回の同じ3日目とは対照的に、消費クリスタルは一番少なかったです。

七段デッキの紹介です。
新緑の魔道杯時点での覚醒状況は、テオドールフル覚醒、リタ4覚醒、ハヅキ3覚醒、イングリット3覚醒(画像ではフル覚醒)でした。
次回までには、ハヅキの覚醒作業も終えておきたいです。

大事な潜在能力だけ紹介しておくと、この時点では
攻撃力200アップ(テオドール、リタ)
パネルブースト2個(リタ、ハヅキ)
が開放済みでした。

これで最速9Tの10T安定という具合でした。ただし、あくまでパネルが来て、かつオーバードライブ持ちのメルマナが被弾しなかった場合の話になります。
メルマナは初動は優秀なものの不安定要素を生み出すので、次回はムエナないしカトレアへの変更を検討中です。


3日目の結果はこちら。
前日より少し少ない程度のポイントを稼げていますが、消費クリスタルは5個でした。
こうして、めでたく育成のクリスタルで魔道杯のクリスタルを節約することに成功しました!笑


最終日(4/28)
前日と変わらず、主戦場は七段です。
ここまで来たら総合報酬の一人で事足りるマン(ゴドフリード)も取っておこうかという、前回の一人で生きるマン(バルザック)と同じ展開。

デイリー順位に、

総合順位です。(52750pt)

最終日は追い込みタイムに講義があったため、少しゆとりを持たせました。笑
でも累計報酬が50000ptまであったことから、無駄なくポイントを稼げたように思います。


今回のクリスタル収支はこちら。

1日目
魔力回復 −8個
デイリー報酬 +2個

2日目
魔力回復 −8個
デイリー報酬 +2個

3日目
魔力回復 −5個
デイリー報酬 +2個

4日目
魔力回復 −8個
デイリー報酬 +2個
総合報酬 +9個

計 −12個

もちろんプラチナポットなんてものは取れていませんが、限定報酬カードとエーテルを上限まで獲得してマイナス12個は前回からすると大きな成長です。笑
次回はもっと上の順位かさらなる効率アップを目指して頑張ります!(どちらにするかは、予定とお財布次第…)


おまけ
何度か昇格して八段に挑戦する機会があったため、即席デッキ(ほぼ七段の流用)で挑んできました。
即席なので、ステファーヌは無覚醒。

大抵は道中パネル事故や雷に多めに出会うことが多かったりで、入賞圏外でした。
ただ、一度だけ運良く道中が火→火→火→雷でパネルも途切れなかった回があり…
まさかの2位になってしまいました!!

次回はこんなに運の良いときだけではなく、ちゃんと普段から入賞できるようなデッキを用意しておきたいものです。


ここまでお読みくださり、ありがとうございました!