魔法少女カスミの大冒険

魔法使いと黒猫のウィズの攻略と日記を扱うブログです。

March 2014

古の森の千年桜 封魔人級攻略デッキ編成について

前回の記事で、私が封魔人級で使用しているデッキを紹介させていただきました。
しかし、私の手持ちはアタッカーが充実しているためあまり参考にならない方も多いだろうと思いますので、最小構成についてここで書かせていただきます。

今日の周回中、偶然道中で誤答を繰り返してやらかしてしまいました。
二色じゃなくて単色を踏めよと。

そこで、遅延なしのこの4体だけでクリアができれば、遅延は必須ではないということになります。

そして…
クリアできました。

この結果からわかったのは、
AS回復2
アタッカー2
火水軽減1
変換1
という構成でも行けるということです。

つまりは、遅延も軽減も回復軽減もいないからと諦めていた方だって、攻略できるデッキを組むことのできる可能性が一気に高まります。

例えば、
ステファーヌ シズカグ サーシャ ターニャ 助っ人ディー
などの編成でも攻略は十分に可能だと考えられるのです。

また、アタッカーで固めればAS回復ゼロ、SS回復のみでもクリア可能だという情報をツイッターの相互さんからいただきました。(ありがとうございます。)

今回のイベント報酬カードの中で、一番今後重要になるカードがこの封魔人級のユングであると個人的に考えています。
なので、水デッキが弱いから…と諦めていた方にもこの記事のような編成を組んで、ぜひ挑戦していただきたいなと思います。

古の森の千年桜 封魔人級までの攻略デッキ

また新しいイベントが開始しましたね。
今回のイベントは演出も凝っていますし、前のイベントとぴったり入れ替わる形で始まったことから、初級に潜った時点で良イベントの予感がした方も多かったのではないでしょうか。
それに加え、期間中の日曜日にはドロップ率が1.5倍という太っ腹。コロプラさんどうした…!?笑

しかし安定のガチャる。


というわけで、現時点でクリアした封魔人級までの各攻略デッキを紹介します。

【初級】
なんでも行けます。


【中級】
火デッキなら大丈夫です。
今回は初回ドロの報告が多いそうですが、私もその一人でした。いつもより緩めの確率なのでしょうか。


【上級】
フェアリーガーデンのような高難易度ではありませんので、AS回復2に変換2があれば安泰です。
私は回復変換を持っていないため、念のため生贄を置いて助っ人に頼りました。(コストの関係もあります…笑)

ただし、敵がスキル封印を使ってくるため、黄昏の四神書の上級よりは難しいです。
それゆえ、変換を2人以上にしてリスクを分散させることが必要になります。


【封魔人級】
今回は回復よりアタッカー優位です。アタッカーの起用を優先しましょう。
もしくは、HPの高い精霊で固めれば落ちる心配はありません。
ただし、遅延か軽減のどちらかは助っ人を呼んででも入れておくべきです。

私の場合はいつもの特効アタッカー三人娘と、保険に有利属性軽減のディー、変換要員に助っ人のピノという編成でノーコン安定しています。
このようにアタッカーが2人以上のデッキの場合、ボスから倒します。

遅延がいる場合は遅延をかけて、9T目の力溜め攻撃を12Tあるいは11Tまでに伸ばして、それまでに倒し切ります。
遅延がいなくて軽減はいるという場合は、同様にボスに集中攻撃をして、9T以内に倒しきれなかった場合は一度目の力溜め攻撃を軽減で受けます。

また、アタッカーの中でも特に起用をおすすめするのがローレンです。前回に続き、ASの属性特効とSSの%削りがとても役に立ちます。
トーナメント等ではアスカやリィルの方が使いやすいため育てていない方もいらっしゃるかもしれませんが、眠っているローレンがいたら、ぜひ育ててあげてください。

ただし、ローレンがいれば数問間違える余裕ができるよという程度で、ローレンがいなければ攻略不可というわけでは全くありませんのでご安心ください。
他にも有用なのは、単体極大ダメージスキル持ちのアタッカーです。

また、遅延を使う際は右の敵のスキル反射に気を付けてください。さもないと…
ただし、これでも最終的には余裕でクリアできました。
また、左の敵は封印を使ってきます。SSだけではなく、攻撃そのものもできない方の封印です。

2回目の突入で、ボス撃破の必要ターン数を数えてみました。(いただいた情報によりますと、HPは130000です。)

ローレンとステファーヌのSS(%削りと極大ダメージ)、攻撃1Tでこの程度削れました。

そして、途中で2問間違えつつも攻撃7回で倒し切りました。
封印は最後のターンでのものなので、必要ターン数に影響はありません。

そして、遅延3Tの場合かけられるターン数は12Tです。
よって、アタッカーが3人だと余裕、2人でも大丈夫といったくらいの感触でした。

また、変換は1人でもなんとかなるなとも感じました。私は自前で用意できないため必然的に変換は1人になりますが、助っ人のピノが封印されて4Tほどパネルが来なかった時もクリアできました。


絶妖級に関しては未挑戦のためなんともいえませんが、難易度は高めで木曜クエスト絶級に酷似しているようです。

この記事をお読みくださり、ありがとうございました!


【追記】
今回は宝箱からの桜餅だけでなく、ドロップする雑魚も経験値として有用なようです。

同属性の場合の合成経験値は1067。

売却価格は11300。
これはどちらにしても良さそうですね。

おかげさまで

黒猫のウィズを始めて3ヶ月と2日となった先週の日曜日、おかげさまでついにLv.100の大台に到達しました!!
まさかこんなに続くとは自分でも思っていなかったので、びっくりです。

そして、最近は単発派になり疎遠になっていた10連を、記念に回してみました。

ん…?何か金板少ないな…

あれ…?いや、まだ確定枠が…

大☆爆☆死 でした…
WたまごにWジルヴァ… 揃ってくれる必要はなかったのにw

もう10連なんざやってやらねえ!!
いつもの単発や!
あ、あれ…?

泣きの一回!!
(ショックのあまりエフェクト撮れず)

そんなこんなで、結局…
クリスタル3個になりました。
もうしばらくガチャはできないですね…


ここでLv.101現在の手持ちを晒しておきます。
こうして見ると、あまり属性ごとの偏りはないように感じます。
ガチャの引きは、格別良くもなく悪くもなくと言ったところでしょうか。
先月末にやたらと引きが良かった時期がありましたが、最近はさっぱりです…


そして、今欲しいカードは…
お察しの通り、まずは回復変換です。笑
火はカスミがいますし、アルルとフーフェイを組み込むことで実質回復変換2人分の働きをしてくれるので、今のところ特に不便に感じてはいません。
ただ、水と雷に関してはいつも助っ人頼りなので、助っ人前提ではクリアできないダンジョンがこれから先登場してくると、かなり厳しくなるだろうと思います。

そして、火の遅延。
ジェニファーでは少し頼りないので、3T遅延の子がほしいです。現在は手に入りませんね。

コフィのような減衰なし全体攻撃も欲しいところです。可能性は低いですが、もしミネバが復刻したらなんとか手に入れておきたいところです。

あとは名指しで、ヒカリ・スフィアです。
ちょうど私がウィズを始めた頃に登場した、憧れのカードです。
そして、今はトナメ要員として欲しいカードになりました。
五段7Tデッキの構想が出来上がり(育成と試走が終わり次第、記事にしたいと思います)、六段も見えてきたわけなのですが、属性特効のサイラスでは少し頼りない!
6T変換を持っているだけ恵まれているということは重々承知ですが、それでもヒカリが欲しいのです…笑
ミネバやセトがいない時点で既にハンデを負っているため、ヒカリは何としてでも欲しい…と思いながら日々ガチャを引くのですが、いつまで経っても来てくれません。
次はヒカリがくるくるとガチャるの上を回っている時に回したいと思います。我慢できれば…w


黄昏イベントの周回は昨日イーリンを12枚揃えたことにより終えたので、今週は溜まりに溜まった育成期間に充てたいと思います!

魔道杯お疲れ様でした!!(3/18追記)

皆さん、魔道杯お疲れ様でした!
デイリー上位と総合報酬の配布枠が広がり、本腰を入れて参加された方がいつも以上に多かったのではないでしょうか。

火属性の非特効アタッカーの不足に悩まされていた私は、当然5000位報酬のアメリア狙いで本気を出してきました。笑

1日目(3/14)
三段の一番下から、四段まで駆け上がりました!
この日は最もボーダーが低く、一番穏やかだった感じがします。
魔力に消費したクリスタルは12個です。

2日目(3/15)
前回は金曜と月曜のみ本気参戦をしたのであまり加減がわからず、少し迷いながらひたすらクリスタルを溶かしていました。笑
この日はずっと四段で戦っていました。
クリスタル消費は15個で、比較的ボーダーは低めだった印象。

3日目(3/16)
この日が一番しんどかったです。
17個と4日間を通して一番多くクリスタルを使い、ポイントを稼いだにもかかわらず…無念です。
これからは日曜の終了直前はもっと警戒しておきます…笑

また、四段から五段に何度か昇格してしまい、五段はノーマークであったがために…
月曜0時の魔道書集めにクリスタルを使い、ユアンとアルルはこの後進化させました。

4日目(3/17)
まだ確定順位はわかりませんが、3枚目のアメリアは無事受け取りました。
前日ほどはボーダーも高くなく、そこそこ戦いやすかった方かなと思います。
魔道杯に使ったクリスタルは16個です。それに加え、魔道書に1個。

今日も何度か五段に上がったのですが、ゲームオーバーだけは避けたかったので…
カスミちゃん。
我が家の唯一の回復変換なので、起用しましたw
カスミを起用してから、ゲームオーバーはしなくなり、ちゃんと70ptを持ち帰りつつ四段に帰還していました。笑


そして、ここまで来れば総合報酬も狙いたくなるものです。

バルザック、良いキャラしてる。
Twitterでもたびたび話題になりましたが、あの化学者を彷彿とさせるようなストーリーですねw
イーライ「呼んだ?」

あと水属性のロマン砲といえば…アイテムを引き連れて、ショコラフォレストのあの子と一緒に旅をさせたいなあ。
パルフェ「呼んだ?」

というわけで、バルザック獲得へのロマンが膨らんでいきまして…
終了直前の順位はこちら。
頑張りました!!
3日目のポイントを水の泡にしてしまいたくないという思いもあったので、Twitterの相互さんに元気付けられつつ最終日にスパートをかけました。
さすがにこれは貰えるだろうと信じています。笑

そんなこんなで、今回は私にとっては得たもの(報酬と段位)も失ったもの(クリスタルと睡眠時間)も多かった魔道杯でした。


今回の魔道杯でのBest of 即答!
人はこれを即答と呼ぶのです。
この後二戦目でパネル事故に遭い、12位になりましたが…笑
ちなみに問題は、ラストサムライと答えるものでした。


そしてTwitterでされている方がちらほらいらっしゃったので、プレボのへそくりスタルを掻き集めて魔道杯お疲れ様ガチャをやってきました!
その結果…
緑で一度は絶望しましたが、蓋を開けてみれば使えるテティスさん!
しかも一枚目なので嬉しいです!!
サイラスやクァン、アメリアなどの優先度の高い精霊の育成を終えたら育てようと思います。


この記事をお読みいただき、ありがとうございました!



追記:
正式な最終日と総合の順位が出ました!
どちらも目当ての報酬に届いて満足です。

そして、これを受け取りました。
これで…ロマン砲が撃てる!!


結局、今回のクリスタルの収支は
−60(魔力消費)+2(デイリー報酬)×4+9(総合報酬)
=−43
になりました。

元々三段からのスタートだったのもあり、かなりのハイペースで消費せざるを得ませんでしたが、10連1回分より少し少ないくらいです。
それで、コフィ未所持の私にとっては五段攻略においてそれと同じくらいの価値がある、アメリアを3体獲得することができました。
そう考えれば、決して使い過ぎというわけではなかったのかもしれません。

【魔道杯】トーナメント二段〜四段使用デッキ

前回の記事で予告させていただいたとおり、私の二段〜四段デッキを紹介します。
本来は魔道杯前に紹介できればよかったのですが、それができず申し訳ありません。
少しでもこの記事が、魔道杯中に昇段してつまづいてしまった方などの助けになれればと思います。

特に三段に関しては、Twitterの相互さんの全面的なアドバイスがあってこそ生まれたデッキ構成です。この場で改めてお礼を申し上げます。


【二段】
主に夢幻の魔道杯で使用していたもの。

私はヴァレンティナにエイラを使用して最速6Tデッキで無双していましたが、二段は比較的ぬるいので8Tでも優勝できます。7Tを目指しましょう!
今回の魔道杯で二段にいるレベルの方がお持ちであるだろうイベントカードと、ガチャから入手しやすいカードからの二段のキーカードは、このデッキの右3枚のカードになります。

【二段お手軽キーカード】
闇狼:言わずと知れたA+強カード。(画像では進化していませんが)
強力なSアタッカーがいなかったり、全体の火力が足りない場合は覚醒させるのも手でしょう。

イーライ:ガチャ産で最も入手しやすく、育成も楽なシャッフル要員。ベースになるカードを含めて5枚で全覚醒させることができます。
しかし1覚醒だけでも格段に使い勝手がよくなるので、2枚しか持っていなくても5枚揃うのを待たずに早く覚醒させておくと良いと思います。
ただし、被りがない方もお気を落とさずに。私は潜在能力のない時に二段にいたのですが、普通に3Tシャッフルでも便利でしたw


そして、後述の私流四段デッキでもかなり重要な役割を持っています。

白パッツァ:先月開催されていたイベント、ショコラフォレストの報酬です。
残念ながら分散型ではありますが、それでも条件なしで1.8倍のASは強いです。一番右に配置して、残った敵のHPを全て削ってしまいましょう!

リスリ:一月に開催された、旋律の魔道杯の累計報酬です。
共に未覚醒の状態であれば、闇狼を凌ぐ強さを誇ります。3Tチェインは5Tより使い勝手が良く、7T魔術持ちなのでいざという時の事故で少しでも得点やBPのロスを抑えるのに役立ちます。
元からデッキの火力が足りていない場合は、エーテルを使用して6Tにしておいても良いでしょう。いずれ三段でも役に立つからです。

ノエル:二段攻略カードとしてはかなり有名な、この中でも随一のお手軽カード。
私はエイラがいたため使用しませんでしたが、有力なアタッカーがいない場合は連れて行くべきカードです。
私は3枚しか持っていないため画像は2覚醒ですが、3覚醒すれば安定度の上がるパネルブーストが開放されます。


覚醒させれば、素の攻撃力はSランクのアタッカー並みになります。そこから放たれる6ターン魔術は、戦力の足しになります。
ASが分散型全体攻撃なので、パッツァと同じく一番右に配置しましょう。


【三段】
今回の魔道杯での使用デッキ。
個人的にこの段位は苦手なので、早く抜け出したくてずっと温存していたエーテルの使用を解禁しましたw
こんな感じでコストオーバーをしていたので、黄昏級でレベルを上げて挑戦。

三段はどちらかというと水単色デッキの方がポピュラーですし、ソフィなどがいてそれで7Tが出せるならその方が良いです。
7Tで優勝安定、8Tでもタイム勝負を制すれば…!

私が使用したのは、そんな水単色デッキが組めない人向けの雷3水2デッキです。

ここではエイラとリスリに一つずつエーテルを使用しましたが、6T魔術持ちカードがデッキの火力不足を助けてくれることがあります。(Twitterのくろさん、ありがとうございます。)
四段の戦力には自信があり、早く三段を抜けたくて悩んでいるのてあれば、このようなエーテルの使い方をすると良いかもしれません。
雷魔術を使う場合は、ボス戦では水パネルを積極的に踏むようにしましょう!
このデッキの場合、魔術×2のみで両サイドの敵は倒れました。


【四段】
昇段して第一戦からしばらく勝ち越した自信作です。

ヴィーラは二段のキーカードと違いお手軽とは言い難いですが、このカードがなければ現時点での私の四段6T安定はなかったので、ここではヴィーラ使用デッキであることを前提として書かせていただきます。

ヴィーラは、多色デッキにすることで飛躍的に火力が増します。
そして、多色デッキにするためにピン差しすべきカードがシャッフル持ちカード(できれば雷)です。
そうです、またお手軽キーカードの一角、イーライが活躍してくれます。笑

ボス戦を考慮して、理想的な構成は
ヴィーラ、非特攻アタッカー三体、雷シャッフル
となりますが、特攻アタッカーは2体までならきちんとボス戦を2Tで終えることができます。
よって、チェインや快調が複数いなくても大丈夫です。
このデッキの場合は、1T目はヴィーラとメルマナが中央、フレイとステファーヌがそれぞれ両サイドの敵を一体ずつ倒すことになります。

また、道中でも水をヴィーラとメルマナ、火をフレイとステファーヌが攻撃するようにターゲティングすることが重要です。
ターゲティング不要デッキを組むことは、ブラムドを持っていない新参無微課金プレイヤーの場合はかなり厳しい場合が多いと思われるので、ここは仕方がありません。

そして、このデッキでの初戦結果がこちら。

現時点では、6Tだと確定で優勝することができます。場合によっては8Tでもタイム勝負で入賞できることもあります。


以上が、私のトーナメント用デッキの紹介になります。
長文にもかかわらず、ここまでお読みいただきありがとうございました!
引き続き、目当ての報酬ゲットに向かって頑張っていきましょう!!

ギャラリー
  • カスミちゃんL化おめでとう!
  • カスミちゃんL化おめでとう!
  • 【最新版】ウィズセレ一覧表
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略
  • 【テンブレ】Tempest Blader ノーコン攻略