少し間が空いてしまいましたが、こんばんは!

今日の夕方、個人的にはとても待ち侘びていた魔道杯の予告が掲載されました。
協力バトルの先行テストプレイに落選して落ち込んでいたのですが、この予告のおかげでなんとか息を吹き返しましたw
image
しかも、なんとあのクロム・マグナ学園の生徒たちが報酬カードになるようです。
楽しみですね!


さて、ここからはあまり参考にならない、私のデッキのお話です。笑

私は前回まではこのような最速8Tの水単色デッキで七段を戦っていました。
しかし、水属性のウィズセレやDL限定の精霊を引くことができず、現時点の七段での最速ターン(7T)に追いつけなくなってしまいました。
image
ロドム以外全員フル覚醒、ロドムもトーナメントに関係のある潜在能力は解放してあるため、このデッキには伸びしろがありません。


そこで、打点計算をした上で大きな決断をしました。
火単色デッキにシフトします!
image
例のごとく、全員フル覚醒です。
そのために、なんとエーテルを合計2900%も使ってしまいました。
まだしばらく七段生活が続きそうですね…はあw

「あまり参考にならない」と前置きしましたが、その原因はこのデッキに2枚も組み込まれているアユム君です。
image
蒼穹のストライカーの限定だった精霊なのですが、火の同属性特効というオンリーワンの性能をしています。

正直引いたときはそのすごさに気付いていなかったのですが、ぶっ壊れです。
image

味方攻撃力400アップにヴィヴィのエンハンスの付いた上記のデッキの場合、計算上(1T目、乱数1として)火属性に6289ダメージを叩き出すことになります。

そんなこんなでExcelと紙とペンを使って試算してみると、7T安定のデッキになるということがわかりました。
それで、貯め込んでいたエーテルを一気に使う決心がついたわけです。

そして、先ほど一度だけ試走してきました。
image
頭がまだトナメモードじゃないのと多色パネルを複数回踏んだためにタイムは遅いですが、ターン数はダントツですw
道中4Tボス戦3Tでボス戦で3つパネルが必要なためそれが少し怖いのが懸念点ですが、これならゴーストが強くなっても対処できそうです。

お読みいただき、ありがとうございました!


ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします!

人気ブログランキングへ